TOP > 「1、2の三四郎」の使い方

「1、2の三四郎」の使い方

無料メルマガ購読
「売り上げ倍増講座」開講!!
1,2の三四郎の使い方やメリットなど、すぐに役立つ内容盛りだくさんの連続メールが届きます。
お名前


メールアドレス

ECショップ経営者、情報商人など、効果的なメール・マーケティングをしたい、本気の方必見のメルマガです。ぜひご登録下さい。

あるECショップの場合
契約内容 システム使用料(\1,000)+効果コース(\980)+シナリオ追加3000(\980) 合計\2,960

資料請求編
資料請求当日 自動返信 1
「ご登録ありがとうございました。資料を送付させて頂きますので、なにとぞご検討下さいませ。」
資料送付1週間後 自動返信 2
「いかがでしたでしょうか?○月○日に資料は送付させて頂きましたが、もし届いていないようでしたら、再度送らせて頂きます。」
資料送付10日後 自動返信 3
「資料はご覧いただけましたでしょうか?気になる商品がございましたら、いつでもご相談下さいませ。」


請求があったから、と言って、ただ資料を送りつけるだけでは、成約、ご購入にはつながりにくいのは、もう当たり前ですよね。
かといって電話でお客様にお伺いをたてるのも、お客様のご都合もありますのでいきなりは難しいでしょう。

メールでしたら、お客様の都合の良い時に開いて見て頂けば良いので、時間や日にちを気にする必要はありません。
また、電話で同じ事を言われるより、メールのほうがしつこく感じられないのも強みです。

送られてきた資料を封も開けずにそのままにされるお客様は意外にもたくさんいます。

お客様がその資料の内容に興味がある間、定期的にメールがくれば、
その分資料に目を通してくれる可能性も上がり、成約率、購入率のUPにつながるのです。


商品購入後編
ご購入直後 自動返信 1
「ご購入頂きましてまことにありがとうございます。」
発送1週間後 自動返信 2
「商品は届きましたでしょうか?」
発送10日後 自動返信 3
「先日はご購入下さいましてありがとうございました。商品の使い心地はいかがでしょうか?」


せっかくご購入して下さったお客様を、フリー客にしてしまうか、顧客化するかは1日の閲覧人数が少ないECショップでは死活問題ですね。
そういう意味では購入後のお客様のアフターフォローは、ショップ経営者にとって一番重要な仕事と言っても良いかも知れません。

10人のフリー客よりも、1人の熱烈な、このショップのファンを作り出すために、丁寧できめ細やかなフォローが必要ですが、それをひとりひとりに、手作業で行うのは大変な手間と労力が必要です。

しかし、そのショップでのご購入がはじめてのフリーのお客様に送るメールは、どんなお客様でも大体同じです。

それを三四郎で自動化すれば、あなたは余った時間でもっときめ細やかな対応が出来たり、新しい商品を開発したり、いろいろな事が出来るようになるのです。

また、ある程度顧客化してきた一部のお客様には、メールの他に電話でもお知らせを入れると、お客様のショップへの信頼度がぐんとUPします。
電話と三四郎を上手に使い、ひとりでも多くのショップのファンを作りましょう。

それが、この不況の中での勝ち組への第一歩です。

連続メールのメリット  「1、2の三四郎」の機能  料金形態  簡単お見積もり   ご利用規約  FAQ〜よくあるご質問〜